外国人技能実習生の労務管理については、基本的には日本の雇用主と同じく、労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金法、労働者災害補償保険法、雇用保険法等の各種法令が適用されています。

日本人の雇用と同じような法令が適用されます。当然のことながら、時間外労働・休日労働に対しても賃金を支払わなくてはなりません。近年、起こる外国人技能実習生のトラブルに関しては雇用主側が実習生達に対して賃金を支払わない・労働基準法を無視した労働時間を課した事が原因として起こる場合が多くあります。外国人だからと言って特別な事は無く、通常の労働者と同じ扱いをしなくてはなりません。