技能実習生に係る費用は組合によって多少異なります。人件費、社会保険料、交通費(必要な場合)そして組合管理費というものがかかります。

人件費はその地域の最低賃金以上が基本になりますので、地域によって異なります。組合管理費についても一概には言えませんが、外国人技能実習生を雇用した場合には通常の雇用よりも係る費用は減りますので、企業様にとっては、コスト面でもメリットがあります。また、家賃・水道光熱費等は技能実習生の給与から天引きしていくのが一般的なようです。

そして、何よりも近年、特に製造業や建設業を中心に若年層の雇用が難しくなっている状況で、若い労働力を安定的に雇用できるのは非常にメリットがあります。