外国人技能実習生が配属されるまでにはどの程度の期間が必要なのか?
一般的には送り出し機関で面接をしてから6ヶ月程度がかかるようです。この6ヶ月の間に実習生達は日本語のさらなる習得や、就業予定の企業の勉強や日本の法律についてなど、日本で問題無く生活を送るための様々な勉強をしているのです。

もし、実習生の採用を考えている場合には、早くても半年ほど前から計画し採用準備に入る必要がありそうです。
状況によっては、多少の期間を早める事も出来るようです。また、実習生達は日本に入国してからも1ヶ月程度は国内での研修をします。
この研修で最終的な日本語の習得と日本での生活を通して、スムーズに企業で働ける体制を整えていきます。