多くの外国人技能実習生が日本の貴重な労働力として活躍している反面で、就業中に事故が起こるケースも増えているようです。
特に就業期間がまだ浅い実習生ですと日本語のレベルもまだ高くはなく、コミュニケーション不足によって事故が起こる事もあるようです。特に工場や建設関係での事故が増えているそうです。

送り出し期間や組合によっては、研修中の段階から実習生の事故防止に対する取り組みを積極的に取っている所もありますので、実習生を採用する際には講習の内容にも注目して、組合や送り出し機関を選ぶ事が必要だと思います。