外国人技能実習生の受け入れを支援している組合は日本各地にあります。
業界に特化した組合もあれば、日本全国対応している組合など様々です。

調べるとたくさんの組合が出てきますが、どこを選べば良いのか戸惑うと思います。

組合毎に異なるのは大きく分けると、管理費用とその後のフォロー体制です。
組合は企業様に実習生を配属して終わりという事はなく、定期的な訪問やコミュニケーションが上手に取れない場合には、通訳の方等がフォローします。
こういったフォロー体制が組合によってもまちまちなようなので、しっかりとした体制が出来ている組合なのかどうかを事前にしっかり調べ、疑問は組合の方に聞くべきでしょう。

特に初めて外国人技能実習生を受け入れる企業様にとってはたくさんの不安があると思います。
社員は上手に外国人とコミュニケーションが取れるだろうか?
外国人は問題を起こさないだろうか?
仕事にはすぐに慣れてくれるだろうか?
こういった不安はどの企業様にもあることです。共にそういった不安を共有し解消してくれる組合を選ぶのがベストです。